水道水が飲めるのは当たり前じゃない!世界のどこの国で飲めるの?


by salutmtl | posted 08/23/2018

日本で生まれ育ってきた私たちにとって、水道水が飲めるのは当たり前のこと。でも、世界に目を向けると、それは当たり前じゃない?!

アメリカ疾病予防管理センター(CDC: Centers for Disease Control and Prevention)のデータによると、世界で水道水が飲める国は以下のとおり。

ヨーロッパ

イギリス、ドイツ、フランス、イタリア、スペインなどの西ヨーロッパ諸国と、スウェーデン、ノルウェー、フィンランドなどの北欧諸国

北米

アメリカ、カナダ

南米

なし

アフリカ

なし

アジア

日本、韓国、香港、シンガポール

オセアニア

オーストラリア、ニュージーランド


水道水が飲める国は、世界にほんのわずか、数えられるほどしかありません。

CDC のデータをもとに、イギリスのオンライン旅行予約サイト「Just the Flight」が、世界の水道水が飲める国マップを作成しています。

こちらのマップでは、そのほかにも各国のペットボトル水の価格と、ビールの価格もわかるようになっています。


マップはこちら(飲める国は青色)↓↓

https://www.justtheflight.co.uk/fun-stuff/tap-water/


水道から出てくる水をそのまま安全に飲めることに感謝ですね♪


シェアする


RECOMMENDED - あなたへのおすすめ

関連のTOPICS

LATEST TOPICS - 最新のトピックス