イタリアの人気都市フィレンツェでは路上での立ち食いが禁止に


by salutmtl | 09/08/2018

イタリアでもっとも人気の観光都市のひとつ、フィレンツェ。街には、おいしいジェラート屋さんやカフェがたくさん♪ でも、路上で立ち止まってジェラートを食べていると、ペナルティが科されることに・・・。

今月4日に新たに施行された市の条例では、市内中心部の4つの通りで、歩道やお店の前で立ち止まって飲食することが禁止に。違反者には、最大500ユーロ(約64,000円)の罰金が科されるとのこと。

禁止時間帯は、正午~午後3時のランチタイムと、午後6時~10時のディナータイム。禁止エリアは、ネーリ通り(Via de' Neri)、ウッフィツィ広場(Piazzale degli Uffizi)、グラーノ広場(Piazza del Grano)、ニンナ通り(Via della Ninna)の4つの通り。

特にネーリ通りは、フィレンツェでもっとも有名なサンドイッチ店 アル アンティコ ヴィナイオ(All'Antico Vinaio)や、人気のジェラート屋 ジェラテリア デイ ネーリ(Gelateria dei Neri)などがあり、観光客にも人気のスポット。

今回の規制の目的は、観光客の増加によるごみの問題や、道路の混雑を減らすためとしているが、もっとベンチを設置したり、ごみ箱を増やせば良いという声もあるそう。

罰金というのは、少し厳しいような気が・・・。


参照:The Local


シェアする


RECOMMENDED - あなたへのおすすめ

関連のTOPICS

LATEST TOPICS - 最新のトピックス