フロリダ・ディズニーワールドのチケット代が日付と日数によって変わるシステムに


 10/01/2018

アメリカ・フロリダのウォルト・ディズニー・ワールド・リゾートが、日付と日数によってチケット代金が変動する新料金システムを導入する。

現行の料金システムでは、1デーパスが「バリュー」「レギュラー」「ピーク」の3つの価格帯に分かれていて、マジックキングダム・パークとそのほかの3つのパーク(エプコット、ディズニー・ハリウッド・スタジオ、ディズニー・アニマル・キングダム)とでは異なる料金を設定している。また、2日以上のマルチデーパスは、時期に関わらず定額料金となっている。

10月16日からスタートする新料金システムでは、4つのパークの1デーパスがすべて均一料金になり、"日ごとに異なる" 料金を設定。マルチデーパスも日付によって料金が変動する。

料金は、ディズニーワールド公式サイト チケット購入ページの料金カレンダーに表示される。料金カレンダーでは、最安値の日付も簡単に確認できるようになるとのこと。

現行システム(~2018年10月15日)

1デーパス バリュー レギュラー ピーク
マジックキングダム・パーク 109ドル 119ドル 129ドル
その他3つのパーク 102ドル 114ドル 122ドル

マルチデーパス 2デー 3デー 4デー
全パーク共通(1日1パークのみ) 209ドル 305ドル 380ドル

新システム(2018年10月16日~)

1デーパス 料金
全パーク一律 109~129ドル
(日付により異なる)

マルチデーパス 2デー 3デー 4デー
全パーク共通(1日1パークのみ) 202~238ドル
(日付により異なる)
294~345ドル
(日付により異なる)
372~436ドル
(日付により異なる)


また、現在のマルチデーパスの有効期限は、日数に関わらず "最初の利用から14日以内" となっているが、新ルールではパスの日数によってそれぞれ異なる有効期限が設定される。

なお、新システム移行前(10月15日まで)に購入したチケットは、2019年12月31日まで有効。


Walt Disney World Resort Introduces New Online Destination For Vacation Planning, Date-Based Tickets | Disney Parks Blog


シェアする


RECOMMENDED - あなたへのおすすめ

関連のTOPICS

LATEST TOPICS - 最新のトピックス