世界で最も生活コストが高い都市&安い都市 TOP10



Salut!
11-29-2018

シンガポールが5年連続で世界で最も生活コストが高い都市に。

英誌エコノミストのリサーチ部門 エコノミスト・インテリジェンス・ユニットが毎年発表している『世界の生活コスト調査(Worldwide Cost of Living Survey)』。2018年版によると、世界で最も生活コストが高い都市は、東南アジアの世界都市シンガポールでした。

当調査は、世界133都市における生活コストを比較・ランキング化したもので、比較対象となるコストには、食料品や日用品、衣料品、家賃、光熱費、ガソリン代、交通費、学費(私立)、ホームヘルパー代、レジャー費など、150以上の項目が含まれます。

生活コストが高い都市 TOP10には、ヨーロッパの5都市(パリ、チューリッヒ、オスロ、ジュネーブ、コペンハーゲン)がランクイン。アジアからは、シンガポールのほかに、香港とソウルが TOP10入りしました。

そのほか、東京と大阪は11位タイ、ニューヨークとロサンゼルスは、それぞれ13位と14位にラインクインしています。

一方、生活コストが最も安い都市は、内戦が続くシリアのダマスカス。TOP10には、インドとパキスタンの4都市(バンガロール、カラチ、チェンナイ、ニューデリー)がランクインしました。


生活コストが高い都市 TOP10

1. シンガポール

2. パリ(フランス)
 = チューリッヒ(スイス)

4. 香港

5. オスロ(ノルウェー)

6. ジュネーブ(スイス)
 = ソウル(韓国)

8. コペンハーゲン(デンマーク)

9. テルアビブ(イスラエル)

10. シドニー(オーストラリア)


生活コストが安い都市 TOP10

1. ダマスカス(シリア)

2. カラカス(ベネズエラ)

3. アルマトイ(カザフスタン)

4. ラゴス(ナイジェリア)

5. バンガロール(インド)

6. カラチ(パキスタン)
 = アルジェ(アルジェリア)

8. チェンナイ(インド)

9. ブカレスト(ルーマニア)
 = ニューデリー(インド)


ーーー
Asian and European cities compete for the title of most expensive city | The Economist


シェアする


RECOMMENDED - あなたへのおすすめ

関連のTOPICS

LATEST TOPICS - 最新のトピックス