ペルー「マチュピチュ」への入場規則が変更に 2019年1月1日から適用の新ルールを確認



Salut!
01-17-2019

世界で最も有名な観光スポットのひとつ、南米ペルーにあるインカ帝国の遺跡『マチュピチュ』。

標高2,430メートルに位置する、15世紀に築かれた謎多き "空中都市" を目にしようと、毎年世界中から多くの観光客が押し寄せています。

ペルー文化省は、世界遺産『マチュピチュの歴史保護区』への観光客の流れをコントロールするため、2019年1月1日より入場規則の大幅な変更を実施しました。


入場時間&滞在可能時間の変更

2019年から入場時間に関するルールがより厳格に。

これまで、入場時間は「午前(6:00~12:00)」と「午後(12:00~17:30)」の2つの時間帯に分かれているのみでしたが、2019年からは 6:00~14:00までの間で1時間ごとに決められた時間に入場しなければなりません。

また、滞在可能時間は最大4時間まで(終了時間は17:30)となり、再入場は原則認められません。

人数制限について

各チケットタイプならびに各入場時間ごとに、1日に入場することができる人数が定められています。

*入場チケットは『マチュピチュ遺跡のみ』『マチュピチュ遺跡+ワイナピチュ山』『マチュピチュ遺跡+マチュピチュ山』の3つのタイプがあります。


マチュピチュ遺跡のみ(5,600名/1日)
・6:00~:800名
・7:00~:800名
・8:00~:800名
・9:00~:560名
・10:00~:600名
・11:00~:600名
・12:00~:360名
・13:00~:540名
・14:00~:540名

マチュピチュ遺跡+ワイナピチュ山(400名/1日)
・マチュピチュ遺跡 6:00~ / ワイナピチュ山 7:00~8:00:100名
・マチュピチュ遺跡 7:00~ / ワイナピチュ山 7:00~8:00:100名
・マチュピチュ遺跡 8:00~ / ワイナピチュ山 10:00~11:30:200名

マチュピチュ遺跡+マチュピチュ山(400名/1日)
・マチュピチュ遺跡 6:00~ / マチュピチュ山 7:00~8:00:100名
・マチュピチュ遺跡 7:00~ / マチュピチュ山 7:00~8:00:100名
・マチュピチュ遺跡 8:00~ / マチュピチュ山 9:00~10:00:200名


使い捨てプラスチック製品の持ち込み禁止

マチュピチュ遺跡におけるゴミ問題に対する措置のひとつとして、現地への使い捨てプラスチック製品の持ち込みが、2018年12月18日より禁止となりました。

ペットボトルの代わりに水筒を使用するなど、観光で訪れる際は注意が必要です。


チケット代金は前年と変わらず

チケット代金は前年と変わらず、「マチュピチュ遺跡のみ」が 152ペルー ソル(約5,000円)、「マチュピチュ遺跡+ワイナピチュ山」と「マチュピチュ遺跡+マチュピチュ山」がそれぞれ、200ペルー ソル(約6,570円)です。

*いずれも大人料金。学生割引、子ども割引があります。


マチュピチュ 公式ホームページ
https://www.machupicchu.gob.pe/

ーーー
How to Book Machu Picchu Ticktes in 2019 | Best Andes Travel
NEW RULE OF VISIT TO MACHU PICCHU 2019 | Cusco Andean Hike
プラスチック製品のないマチュピチュ | ペルー政府観光庁

シェアする

RELATED - 関連トピックス -

関連のTOPICS

RECENT - 最新のトピックス -