東京ディズニーランドは2020年春にこう変わる!新アトラクションなど、TDLの大規模開発についてのまとめ




Salut!
01-05-2019

2020年春の開業に向けて大規模開発が進められている東京ディズニーランド。

東京ディズニーランド史上最大となる総額約750億円をかけた大規模開発では、パーク内の7つのテーマランドのうち『ファンタジーランド』『トゥモローランド』『トゥーンタウン』の3つにまたがるエリアに、新アトラクションやエンターテイメントシアター、レストラン、ギフトショップなどの新しい施設を導入。

東京ディズニーランドは、2020年春にどのように生まれ変わるのでしょうか??新しく導入される大型アトラクションなど、現在進行中の大規模開発について紹介します。


ファンタジーランド

★新アトラクション
美女と野獣“魔法のものがたり”

★ライブエンターテイメントシアター
ファンタジーランド・フォレストシアター


ファンタジーランドには、ディズニー映画『美女と野獣』をテーマとした新エリアが誕生。

高さ約30メートルの『美女と野獣の城』の中に、新アトラクション『美女と野獣“魔法のものがたり”』がオープン。約8分間のライドでは、映画の音楽に合わせてダンスをするように動く乗り物に乗り、映画のストーリーに沿って名シーンをめぐる旅へ。

また、新エリアにはギフトショップ『ビレッジショップス』やレストラン『ラ・タベルヌ・ド・ガストン』がオープン。まるで映画に登場するベルの住む村を訪れるような体験ができる。

 東京ディズニーランド「美女と野獣」をテーマにした新アトラクション メイキング映像を公開

さらにファンタジーランドには、東京ディズニーランド初となる本格的な屋内シアター『ファンタジーランド・フォレストシアター』がオープン。定員約1,500名のシアターでは、ディズニーのキャラクターたちと一緒に音楽の世界をめぐる旅をテーマにした、TDLオリジナルのエンターテイメントプログラムが公演される。


トゥモローランド

★新アトラクション
ベイマックスのハッピーライド

★ポップコーン専門ショップ
ビッグポップ


トゥモローランドには、ディズニー映画『ベイマックス』をテーマにした新アトラクション『ベイマックスのハッピーライド』がオープン。ケア・ロボット『ベイマックス』が引っ張る乗り物に乗って、約1分30秒の楽しいライド体験を。ベイマックスが引っ張る乗り物は、どっちに行くか予測不能?!

また、宇宙をテーマにした新しいポップコーン専門ショップ『ビッグポップ』では、さまざまなフレーバーのポップコーンを楽しめるほか、オリジナルのポップコーンバケットも手に入る。


トゥーンタウン

★キャラクターグリーティング施設
ミニーのスタイルスタジオ


トゥーンタウンには、東京ディズニーランド初となる、ミニーマウスと会えるキャラクターグリーティング施設『ミニーのスタイルスタジオ』が登場。スタジオでは、おしゃれなコスチュームを着たファッションデザイナーのミニーマウスと一緒に写真撮影ができる。


東京ディズニーリゾート・オフィシャルウェブサイト | 東京ディズニーリゾート


シェアする


RELATED - 関連トピックス -

関連のTOPICS

RECENT - 最新のトピックス -